IMG_9088.jpeg

​profile

1968(昭和43)年4月13日、山梨県富士吉田市生まれ。7歳までは東京都武蔵村山市でその後は東京都国分寺市で育つ。

現在54歳。血液型はAB型。

むらやま幼稚園卒園。私立国立学園小学校、

国分寺市立第三中学校、東京都立小平高等学校、

亜細亜大学経済学部国際関係学科卒業。亜細亜大学経済学研究科修士課程修了。

大学4年時に休学し、語学留学と長期滞在でアメリカ合衆国コネチカット州ニューロンドン市で8カ月過ごす。

その際に湾岸戦争が起こり、国際貢献の在り方が議論となった日本と国際社会について考えることとなり、

それが発展して日本政治自体に関心を強く持つこととなる。

1995年27歳の時に新党・護憲リベラル公認で武蔵野市議に初当選。その後2003年まで3期連続当選。

2007年武蔵野市議選落選。離婚も経験し、警備士のアルバイトで

店舗駐車場、撮影現場、公園等の警備を担当。

2008年大河原まさこ参議(現衆議)公設第二秘書。

2010年多摩市議補選で民主党公認で多摩市議初当選。

2019年4月に行われた多摩市議選に立憲民主党公認候補として当選。

所属会派は「フェアな市政」。議席番号12番。現在、子ども教育常任委員、議会運営副委員長、予算決算特別委員長。

めざすのはリベラルで平和を志向し、一般市民の力を背景に動かす政治。

市民相談にフットワーク軽く丁寧に向き合うと共に、

立憲民主党が掲げてきた「草の根からの民主主義」を実践すべく、自身の政治活動の他に、地域を問わず

身を挺して政治活動や選挙ヘルプ、アドバイス等にも強い信念を持って尽力。

住所は多摩市落合4−6−2−801。