検索
  • 大野まさき

この間の取組みなど

 地域で夏の朝に毎年行っている「夏季ラジオ体操」の前半が先週末で終了したこともあり、早朝や夕方の時間帯を中心に少しずつ、私の「活動報告」のチラシをポスティングを地域行なっています。ちょうど多摩市議会発行の「たま市議会だより」が今月5日頃に配布されるタイミングでもあるため、合わせてご覧いただけらと思います。


 この間、議会関係の動きとしては、先週は9月の決算審査に向けて、子ども教育常任委員会を母体とした子ども教育分科会の勉強会、一昨日2日には久しぶりに市議会災害対策連絡会と会派フェアな市政のミーティング、昨日3日は市議会ICT化推進プロジェクトチームの会議がオンラインで行われました。


 子ども教育分科会では、「学校情報環境整備事業」(児童・生徒1人1台のタブレット端末整備など)を評価対象事業としています。コロナ禍であること等から、行政側の事前のヒアリング機会を絞ろうという方針が決められたこともあり、行政側からのヒアリングは今月後半になってからとなるため、現段階では仮で市側から示されている決算資料としての事業評価シートを使って、どう決算として評価していくのかが問われることとなります。


 フェアな市政としては、

①子どもの学びの保障する環境に向け、学校間、家庭間で差が生じ ない様にするサポートや取組みの工夫が見られるか。

②児童・生徒の健康に支障が生じない様にする対応が見られるか。

③電力消費量の増大と環境負荷への影響についてはどうなのか。

といった点について「次年度予算執行に向けての指摘・ポイント」として提案いたしました。


 

 



30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示